猫をだまして飛んで行く。

雑記ブログです。主にプログラミング・資格・読書等をポコポコ投稿をしたいと思います。文章を書くこと自体に慣れていないのでダメだしも歓迎です。

【インフラ勉強会/LTリレー】主催をしてみたい!どうすればいいの?

こんばんは。紫苑です!

 

今回は、主催をするときの準備ポイントを私なりにまとめます。

 

 

1.LTってなぁに?

 wikipediaより抜粋。

ライトニングトークLightning Talks)とはカンファレンスフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。 

雑にまとめると、短い時間でプレゼンしようぜ★です。

 

2.主催をしてみたい!どうするの?

 主催をするにはアカウントの発行と登壇ページの作成が必要不可欠です。

 まずは↓を確認して、登壇までの流れを把握。

 

 登壇方法 – インフラ勉強会

 /ヘルプ/イベント開催の流れ - インフラ勉強会 Wiki

 

あとは、アカウントを発行してくださーい!

〇月×日にLT大会開催しまーーす!!登壇ページ作ったよ!見てね!

と、声を高らかにいえばOK!

f:id:shionsamidare-0211:20180724001252p:plain

3.登壇ターゲットを決めよう!

次に、どんな人に登壇をしてもらいたいのか考えます。

 

 「LT一緒にやってほしい。」

 「資料を使ったLTをしてほしいな。」

 など、主催をする人によって登壇して欲しい人は変わってきます。

 そんなときは、勉強会の内容に登壇対象者の条件も入れてみましょう。

 

f:id:shionsamidare-0211:20180724001940p:plain

 

登壇対象に「資料必須」や「10分話せる方」だけだと

寂しいので、資料必須の場合は、 

『今回は、ちょっとステップアップで資料が必須!画面共有がわからない人はココ見てね!』

 

10分LTリレー縛りをする場合は、

『ちょっと難易度あげてみました1人10分LT!思いっきりしゃべろうぜ٩( 'ω' )و』

なんてあってもいいかもしれません。

 

気軽にチャレンジ!をアピールです!

 

4.他の人にも登壇をしてほしい!どうやって募集しよう?

登壇をする人を募集します。

discordだけだと、見ている人が少ないのでSNSを持っている人はSNSでも

告知をしましょう。

 

 

 「#インフラ勉強会」「#拡散希望」などハッシュタグを忘れずに!

  LT登壇者の人数を確認しながら定期的にLTしてみましょう。

5.準備完了!

 ここまでお疲れさまでした!あとは、当日をドキドキワクワクしながら、

 お酒の準備をするだけです。

 当日の飛び込みゲストが現れたり、素敵なドキドキと出会えるかもしれません。

 主催にチャレンジをしてみたい人は、ぜひチャレンジをしてみよう!

 

 チャレンジの場はLT以外にも広がっているよ!

 気になることにはどんどんチャレンジしていこう!