猫をだまして飛んで行く。

雑記ブログです。主にプログラミング・資格・読書等をポコポコ投稿をしたいと思います。文章を書くこと自体に慣れていないのでダメだしも歓迎です。

2/256 エスケープシーケンスを使ってみる。

昔々、プログラムについてろくに勉強をしていなかった時期にAsteriaっつーシステムを使った文字の結合処理をする際に¥を数値と結合ってどうすればいいんやー!!
とかやっていた時期がありました。(笑)

懐かしい思い出です。

まずは、サンプルソースを使ってみます。

 

 

f:id:shionsamidare-0211:20180206234951p:plain

 一見文字化けに見える□は、バックスペースというのだそうです。
初めて知りました。

 

次に、自分で文章を考えてみます。
今月は2月なので、バレンタインなので、自分チョコの購入予算を表示させてみたいと思います。


【サンプル】
public class EscapeSample {

public static void main(String[] A00) {
String month = "今月はバレンタイン\n";
String title = "ご褒美チョコはどれにし

 

ようか\b";

System.out.print(month + title);

System.out.print("購入予算は\\3500");
}

}

 

結果はこちら。

f:id:shionsamidare-0211:20180206234716p:plain 

 
printを使っているので、
「今月はバレンタインご褒美チョコはどれにしようか」が結合されているはずですが、
\nを入れることで改行を入れて表示をさせるようにしてみました。

 今回は書式子エラー等がなかったので、かなりさくさくできたと思います。

 

  

備忘録

よくつかうエスケープシーケンス

\"   シングルクオート
\'    ダブルクオート
\\    文字
\n   改行